なんちゃってジャズマンの此の頃。ジャズが好きな方も、そうでない方も…
by p-ce_music
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
NHK BS-hiで「World Premium Live」でELVIS COSTELLO
こんな時間ですけど、コーフン気味ですこんばんわ。
例によってザッピング途中でみつけたんですけど今日はコステロ、エルビス・コステロですよ!
ラストの怒涛のコステロナンバー「RADIO RADIO」「PUMP IT UP」一曲カバーを挟んで
「PEACE, LOVE AND UNDERSTANDING」には私、大コーフンそして改めて確信。
コステロ、今でもしっかり現役です。

ライブはコステロをメインに若いもんと一緒にコステロのナンバー、若いもんのナンバーを演ってました。
フィオナ・アップルがすごく良かった。

バックを固めるのはインポスター。
全然、懐メロっぽく聞こえない、若いもんのナンバーもコステロの曲か?と思えるのはスティーブ・ナイーブのアレンジに由るとろこが大きいな。

そして僕が大好きなドラムのピート・トーマスも衰え知らず。
あのピート・トーマスのビート感が大好き。
かつてのインタビューでコステロは
「信念は歌にならんが、エモーションは歌に出来る」
と言うてましたけど
コステロのエモーションをピートのビートが支えているように聴こえた。
[PR]
by p-ce_music | 2007-08-21 01:10 | オンガク
<< チャリな1日 終了? >>