なんちゃってジャズマンの此の頃。ジャズが好きな方も、そうでない方も…
by p-ce_music
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アロハの掟
セミがジジジと鳴いております。
マンションの5階だとセミの鳴き声って下から聞こえてきて不思議・・・
一体夏になってから何日たっているというのでしょうか?
そんなことに今朝まで気が付かないくらい、此の頃は気分的に余裕が無かったのかなぁ?

昨夜は2ヶ月ぶりの小森市夫でした。
去年はうっかりしてしていた「アロハの掟」も今年は忘れることなく、大橋君も加えたトリオで1stは息のあった涼しげ、否かなり寂しげな演奏だったと思います。
というのもアツーイ真夏の夜の演奏にも関らず、お客さんの入りがお寒い限り(T▼T)

セットの前に、あまりの客入りの悪さに、コム爺が突然「ロック演ったら人くるかなぁ?」と弱気なことを言い出しまして、コレはイカンと「初めはテーマ無しのFブルース」という事と「そんな寂しい気持ちを演奏しよう」という事を急遽決定。

テーマが無いと先ずは人のイメージを探るからね、当り前にしなくてはいけない事なんだけど、何せ人柄が音楽性の小森市夫ではその辺りがちょっとおざなりな時があって、正解でした。
そして、そんな気持ちを揃えた1stは良い演奏だったと思うよコム爺。
2ndはお客さんも入っていたのと、ドラマーで有るということが判明した大橋夫人も加わったカルテットで色鮮やかなゴキゲンな演奏に様変わり。全く現金なものです。(笑)

大体がお互いにもう年なんだから、ロックなら先ずは満タンになったビール腹を何とかしなきゃあねコム爺。
[PR]
by p-ce_music | 2004-07-25 09:35 | オンガク
<< KINOちゃん、くろちゃんアリガトウ 山ごもりしてきます >>