なんちゃってジャズマンの此の頃。ジャズが好きな方も、そうでない方も…
by p-ce_music
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
8/6NHK総合、8/7NHKハイビジョンで「森山良子ジャズをうたいたい」を観る。
フォークシンガー森山良子がNYブルーノートでジャズを演るという番組を見ました。
金曜日がNHK総合で土曜日がNHKハイビジョン。
ハイビジョン番組の方が放送時間が長くて、地上波だと途中でカットされていた曲も最後まで聴けて良かった。
番組の間中「本当はずっとJAZZが歌いたかった」と言い続ける彼女の歌声は嬉しそうな少女のようでもあり、歴戦の兵のシンガーでもあり。

森山良子が何十年フォークシンガーであるのかよく知らないんですが、 クリエイターとしての新しいチャレンジであれば面白いんだけど、好きなジャズのコピーみたいだとちょっという感じがあったのかなぁ?良いような悪いような不思議な演奏でした。

その中でも「リンゴ追分」は秀逸。
殆んど「処女航海」のコピーと言っても良いようなアレンジでしたが、全て日本人で固められたバックメンバーも歌心たっぷりのアドリブ。
元のメロディが良いからなんだろうなぁ。

番組の途中、あまりにもジャズっぽく好きなところでメロを崩しちゃう森山良子に「元のメロディをもっと大切に歌ったほうが良い」というダメだしがあったという事実も判明して、やはりメロディはとても大切なものだと決して作曲家と呼ばれない譜面のかけないメロディーメイカーは思ったのであった(笑)
[PR]
by p-ce_music | 2004-08-08 14:09 | オンガク
<< 2004アジアカップ 浴衣 >>