なんちゃってジャズマンの此の頃。ジャズが好きな方も、そうでない方も…
by p-ce_music
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:ジャズ ( 21 ) タグの人気記事
ナウ・THE・セッション(59)
a0003202_1041329.jpg
しばらく更新が滞っておりますと「仕事がいそがしいの?」とか「またカゼをひいたのか?」とか心配をしてくれる人も居たりしてありがたいです。

ハイ、仕事がとっても忙しく、鼻がグズグズいうてます。みんな良くわかるねぇ。

10.22小森市夫なんですけど、出掛けに雨が降っていたのでプレベをチョイス。ベースの調子は体調には関係ないようですね。
この日の俺の耳には神が降りていたね。
色んな音が聞こえた。凄くよく聞こえた。
よく聞こえすぎてベースソロではかなりチャレンジャブルなハーモニーでしたよ。
押さえ間違えてたとも言いますけど・・・{汗}

僕のインチキベースのことはさておき、今はライブも終わってセッションタイム。
どういう訳か今夜はお客さんにベーシストが2人も居てます。写真の奥でピアノ弾いている方も実はベーシスト。
本番中にも感じたんだけど、改めて大橋くんのピッチとフレーズのキレが凄く良くなってる。
ミュートサウンドがとっても心地よい五十九発目。
[PR]
by p-ce_music | 2005-10-22 22:49 | オンガク
ニイマルマルゴアロハの掟
7/20夏の小森一夫といえば“アフロの掟”ならぬ“アロハの掟”です。先月はまだ早いかなと思って着なかったんだよなアロハ。
数年前、ジーンズショップで見かけた水色のアロハをすごく欲しいなと思ったんだけど、(その頃は小森一夫演ってなかったし)アロハは既に2枚持っていたので勿体ない気がして我慢したんですよ。勤め人になってから私服は週末しか着ないから一着が凄く長持ち。余分な服が凄く勿体無い気がするんだよね。
だけど今でもあの水色のアロハを思い出したりして、買っときゃ良かった…夏の後悔。後悔、こうかい、処女航海。すいません長い前フリでした。

ハービー・ハンコックの文句無しの名盤「処女航海」。特にラストを飾る「ドルフィンダンス」は僕のフェイバリットナンバーの一つ。キラキラと光る海をイルカが泳ぐ光景が目に浮かぶ、とっても涼しげな名奏。夏の演奏はこうありたいものです。
汗っかきの僕とコム爺は見た目にかなり暑苦しいッスから(汗)


小森一夫ライブ
7/23(土)夜8時頃スタート
カルチェラタン(周南市)TEL:0834-63-3667

小森一夫:ギター&ボーカル
和久野寛之:ベース
大橋将之:トランペット
[PR]
by p-ce_music | 2005-07-20 23:56 | オンガク
REQUIEM FOR ONE
a0003202_1654781.jpg
5/28小森市夫ライブ。実は今日身内に不幸がありまして、追悼の意を込めて1曲演らせて頂きました。(先月はニールス.H.Ф.ペデルセンだったし、何だか追悼が重なってるかも)
自分の「Living In Forest」とどちらにしようか悩んだんだけど、今日選んだのはサックスプレーヤーKEN Gのオリジナルナンバー「REQUIEM FOR ONE」。
俺のレクイエム、叔父さんに届いたかなぁ?(合掌)
[PR]
by p-ce_music | 2005-05-29 03:36 | オンガク
タイガー!タイガー!観たいがー!!
先週に引き続き今週も観忘れてしまいました。タイガー&ドラゴン
正月の特番の時もアタマの何分かうっかり観れなかったし、どうもこのドラマに呼ばれてないなぁ

その時間はお好み焼き屋で一杯やってたかな?
週末飲みたいモードだったのと、ちょっとショックな訃報があったから。

ヨーロッパを代表するジャズベーシスト、ニールス.H.Ф.ペデルセンがお亡くなりになりました。
昨日テレビで2004モントリオールジャズフェス、オスカー・ピーターソンと演ってるの観たばっかりだぞ!!!

ペデルセンのメロディアスなベースラインに少なからず影響を受けた・・・否、正直に言うとかつてやってたポップバンド、チャッキーのナンバーでそのまんまパクったことがある者としましては、唯々ご冥福をお祈りいたします(合掌)
[PR]
by p-ce_music | 2005-04-23 15:02 | オンガク
4月の思い出
トランペットの大橋くんからメールがあって、週末のライブはお休み。
てな訳で4.24はコム爺とのデュオが濃厚です。
僕がジャズを始めた頃に凄く聴いたのはジム・ホールとロン・カーターのデュオ「ALONE TOGETHER」。
特に好きなのはA面(持ってるのレコードなんです)。
「St.Thomas」にやられて「I'll Remember April」まで一気に聴けて、たったの二人での演奏でも、「ジャズとはこう演るんじゃ~」と僕にはまるで教科書のようなアルバムでした。
デュオで演る時は必ず頭の片隅には「ALONE TOGETHER」をイメージしてるかも?

僕とコム爺の「4月の思い出」は出来るのでしょうか?
オヤジと爺の思い出づくり… すいません、へんなもの想像させてしまいました。

ライブインフォはコチラ
[PR]
by p-ce_music | 2005-04-21 23:37 | オンガク
Cさんは ジョン・コルトレーン です!
hiroさんの「そこらの tenor sax 吹き」私はマイルス
blue_koichiroさんの「音楽と自転車の日々」マイルス登場!!!からトラバさせて頂きました。
Jazzジャイアンツ占い

● ジョン・コルトレーンさんのあなたは、陽だまりあふれる公園のような人です。あなたがいるだけでその場が暖かい雰囲気になり、なごみムードが生まれるでしょう。穏やかで静かなのに、しっかりした存在感があります。あなたの微笑みに癒されている人はたくさんいるでしょう。微笑みの奥の別の顔を見てみたい、と関心を持つ人もいるはずですが、なかなか奥の顔は見せません。人をなごませ、楽しませればそれでいいと思うフトコロの大きさがあるからです。そのため、八方美人と受け取られるときもありますが、自分のすべてを見せることが、必ずしもいいことではありません。あなたが自然のままでいられるなら、その姿勢を貫いてください。

八方美人は否定できません・・・ベーシストですから。
でもコルトレーンはスタンダードの演奏は物凄く好きなんですが、後期のオリジナルは「それはコルトレーンにしかわからんじゃろう 」という独りよがりな感じが余り好きじゃないんですけど・・・
自称ポップミュージシャンな僕なのでCDの時は物凄く最大公約数なイメージを心がけているつもりですが、ライブになると確かに独りよがりなときがあるかも・・・
自分のすべてを見せることが、必ずしもいいことではありませんということか。

どーも、すみません。
[PR]
by p-ce_music | 2005-01-21 23:49 | オンガク
「コンニチハ、ピンクリボンです」
っていうMCで始めようと言う僕の提案は却下された「ピンクリボンコンサート」。
やっぱKEN Gは言わんわなぁ、男前系じゃから。

うなぎの寝床のような会場に、彼方まで沢山の人にきていただきました。
ありがとうございます。
ライブハウスと違って初めてのジャズ体験の方が多かったとは思いますが、ほんと聴いておられた方はどうだったのでしょう?

かくいう僕も「ピンクリボン」という活動は初めてだったので、先日の「此の頃のC」に大嘘書いてしまいました。

乳がんは触診しなくても機械をつかって解るそうです。
宇部協立病院にはその機械があるんだって。

夫婦の協力(触診?)が早期発見には不可欠と思っていたのに・・・
夫としての僕は影を薄めるばかりですが、僕の演奏活動には妻の協力が不可欠です。

…キレイにまとめたな俺(笑)
[PR]
by p-ce_music | 2004-11-20 07:45 | オンガク
11月のお知らせ

11月は小森市夫とWakkenGやります。
今ジャンゴ・ラインハルトの「ジャンゴロジー」を聴きながらコレを書いていますが、
編成的にギターの3ピーズって小森市夫やWakkenGの参考になるかなぁ?
でもコム爺や山賀くんの演奏しているイメージはコレかもなぁ?
と思うところも暫しあったり(笑)
WakkenG久しぶりなんですが、今回は宇部協立病院、病院で演奏です。
病院という場所柄、大騒ぎの演奏はチョット無理かなぁ?ということでトランペットの大橋君はお休み。
KEN G、僕、そしてギターの山賀君です。

ピアノがいないバンドって、場所選ばずのジプシーなところだけはジャンゴ?
[PR]
by p-ce_music | 2004-11-03 23:07 | オンガク
8/6NHK総合、8/7NHKハイビジョンで「森山良子ジャズをうたいたい」を観る。
フォークシンガー森山良子がNYブルーノートでジャズを演るという番組を見ました。
金曜日がNHK総合で土曜日がNHKハイビジョン。
ハイビジョン番組の方が放送時間が長くて、地上波だと途中でカットされていた曲も最後まで聴けて良かった。
番組の間中「本当はずっとJAZZが歌いたかった」と言い続ける彼女の歌声は嬉しそうな少女のようでもあり、歴戦の兵のシンガーでもあり。

森山良子が何十年フォークシンガーであるのかよく知らないんですが、 クリエイターとしての新しいチャレンジであれば面白いんだけど、好きなジャズのコピーみたいだとちょっという感じがあったのかなぁ?良いような悪いような不思議な演奏でした。

その中でも「リンゴ追分」は秀逸。
殆んど「処女航海」のコピーと言っても良いようなアレンジでしたが、全て日本人で固められたバックメンバーも歌心たっぷりのアドリブ。
元のメロディが良いからなんだろうなぁ。

番組の途中、あまりにもジャズっぽく好きなところでメロを崩しちゃう森山良子に「元のメロディをもっと大切に歌ったほうが良い」というダメだしがあったという事実も判明して、やはりメロディはとても大切なものだと決して作曲家と呼ばれない譜面のかけないメロディーメイカーは思ったのであった(笑)
[PR]
by p-ce_music | 2004-08-08 14:09 | オンガク
ポスター出来た
a0003202_213928.gif6・26「WakkenG」のポスター出来たー!
お天気的に雨だったので今回はあっさりとブルーで決まり。
でもKEN Gの写真は割と有るけど、山賀くんと大橋くんの写真が少ないんだよねぇ。
次回ライブは写真撮影大歓迎ということで!
[PR]
by p-ce_music | 2004-06-08 21:39 | インチキ画伯