なんちゃってジャズマンの此の頃。ジャズが好きな方も、そうでない方も…
by p-ce_music
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:ライブ ( 46 ) タグの人気記事
3・26小森市夫
久しぶりに小郡で迎える朝です。家族が山口時代の友達に会うというので一緒に来ております。
昨夜は小森市夫のライブ。小郡でメンバーの大橋夫妻の車に拾ってもらってカルチェラタンへGO!
トランペットの大橋君もドラムの大橋夫人もWakkeGを寿脱退した麗子ちゃんの友達。
同じドラムの夫人とは学生時代のライバルだったとか(笑)
彼女はいつも淡々とキープに徹したプレイなんだけど、行きの車で「今日ははじけてプレイしよてよ」とお願いしたところ、本番は大橋夫妻共々にキレキレのプレイ。

僕は大橋君の味のある世界感を醸し出すプレイが好き。
彼の味は、燃え盛る炎とは違うけどほっと安心出来る炭火みたいな、うーん何て言うんだろ、決して目新しさは無いんだけど、うまーいタレ味の焼き鳥の味!かな?
噛み締めると濃厚な旨味がジュワ~とみたいな(笑)
[PR]
by p-ce_music | 2005-03-27 08:55 | オンガク
21年前といえば
昨日は変な天気でした。
降って晴れてまた降って・・・
今朝、夜が明けてカーテンを開けたら雪積もってるじゃないですか!
ニュースでは3月下旬の広島での雪は21年ぶりと言うてます。
21年前といえば丁度初めてベースを手にした頃だったかなぁ?
その時のフェンダージャパンのプレベちゃん、僕→弟→弟の友達の手を渡って十年程前に僕の元へ戻ってきました。
20年近くたつとピックガードとかボリュームのやられ具合はなんちゃってオールドの風合い。
明日はカルチェラタンで小森市夫のライブなんだけど、山口まで行けるかな?
天気予報だと明日は晴れなんですけど・・・
明日はプレベにしようかな?

3/26小森市夫ライブ
【ところ】カルチェラタン(周南市)
【とき】20:00頃スタート
先月は悲しい出来事があったので、今月の小森市夫は是非、皆さんお越しください。
[PR]
by p-ce_music | 2005-03-25 07:17 | オンガク
「コンニチハ、ピンクリボンです」
っていうMCで始めようと言う僕の提案は却下された「ピンクリボンコンサート」。
やっぱKEN Gは言わんわなぁ、男前系じゃから。

うなぎの寝床のような会場に、彼方まで沢山の人にきていただきました。
ありがとうございます。
ライブハウスと違って初めてのジャズ体験の方が多かったとは思いますが、ほんと聴いておられた方はどうだったのでしょう?

かくいう僕も「ピンクリボン」という活動は初めてだったので、先日の「此の頃のC」に大嘘書いてしまいました。

乳がんは触診しなくても機械をつかって解るそうです。
宇部協立病院にはその機械があるんだって。

夫婦の協力(触診?)が早期発見には不可欠と思っていたのに・・・
夫としての僕は影を薄めるばかりですが、僕の演奏活動には妻の協力が不可欠です。

…キレイにまとめたな俺(笑)
[PR]
by p-ce_music | 2004-11-20 07:45 | オンガク
酒とタバコと男と女
酒とタバコと男と女・・・
最後の男と女は蛇足でしたが、煙の立ち込める薄暗いライブハウス、そこで奏でられるジャズには酒とタバコが良くあいます。
切っても切れないものでしょう。
でもね、今日のライブは病院であるのです。
酒もタバコも止められている人(患者さん)の為のライブ?
コレだとジャズライブの楽しみは半減するのか?

今回のWakkenGは「ピンクリボンコンサート」といって乳がんから命を守ることを願って行われる記念コンサートで演奏します。

女性の乳がんの早期発見には男性の協力が不可欠です。
ならばということで、ライブのテーマは男と女のジャズに決定!

■WakkenG
KEN G (サックス)
和久野寛之 (ベース)
山賀宏暁 (ギター)

とき:11月20日(土)15:00~16:00
ところ:宇部協立病院
入場無料
[PR]
by p-ce_music | 2004-11-20 01:29 | オンガク
11月のお知らせ

11月は小森市夫とWakkenGやります。
今ジャンゴ・ラインハルトの「ジャンゴロジー」を聴きながらコレを書いていますが、
編成的にギターの3ピーズって小森市夫やWakkenGの参考になるかなぁ?
でもコム爺や山賀くんの演奏しているイメージはコレかもなぁ?
と思うところも暫しあったり(笑)
WakkenG久しぶりなんですが、今回は宇部協立病院、病院で演奏です。
病院という場所柄、大騒ぎの演奏はチョット無理かなぁ?ということでトランペットの大橋君はお休み。
KEN G、僕、そしてギターの山賀君です。

ピアノがいないバンドって、場所選ばずのジプシーなところだけはジャンゴ?
[PR]
by p-ce_music | 2004-11-03 23:07 | オンガク
9・25小森市夫

9.25小森市夫はギターとベースのDUOの予定でしたが、2ndからははサックス、ピアノが飛び入り参加。
サックスの方とは初めてで、ピアノの方とは数回プレイしたことがあるというメンバーでしたが、なかなかに色気のある演奏だったのではないでしょうか?
僕はセッションは嫌いなのですが、初顔合わせは嫌いじゃなくて、良い意味の緊張感があって好きです。
どう違うんだというと、ベースが弾きたいから演奏しているのではなくて、自分のオンガクをやりたいから演奏しているということでしょうか。
お客さんも沢山でかなーり気分良くプレイさせて頂きました。
そしてお客さんの一人が周南地方のジャズベーシストの重鎮チジマツさんでした。

演奏に関する叱咤激励大歓迎のKEN Gのことをいつも凄いなぁと思いながらも、打たれ弱くお調子者の僕は良い感想に限り大歓迎ということで、ライブの後チジさんから誉められて有頂天の僕は一緒に記念撮影です。
[PR]
by p-ce_music | 2004-09-25 23:58 | オンガク
小森市夫メンバー変更のお知らせ
うたた寝してました・・・
此の頃うたた寝が多いように思うのですが、不思議なことに布団で寝ていたはずなのに気がつくとリビングで寝ていたりということがよくあります。どういった寝相なのでしょう?
寝相が悪いのは今に始まったことではないのですが(笑)

とつまらない僕の寝相の事はどうでもよくて、今週末はライブなのですが残念なことにトランペットの大橋君は仕事で欠席となりました。
したがって週末の小森市夫はコム爺と僕のDUOです。

DUOのコム爺は結構張り切ります。
僕も張り切るコム爺にあわせてそれなりに張り切ります。

秋の夜長に心を通わす二人がオヤジ同士というのもどうでしょう?お客さん!
[PR]
by p-ce_music | 2004-09-23 00:45 | オンガク
切羽詰っています

僕はかなり切羽詰らないとダメなタイプです。
掲示板で学生時代のことを書いたら、こんなことを思い出してしまいました。
自由テーマのイラスト課題、何日もの間ずーっと何も閃かなくて、提出期限10分位前にチューブから直接絵の具をひねり出して描いた「花」を提出。

何とかなるもんです。

今夜は小森市夫ライブです。

仕事や夏休みやオリンピックの観戦にかまけて、この一ヶ月楽器を触っていないのはいつもの事ですが、そのうえ音楽をまったく聴いていません。

頭の中ではまったくジャズが鳴っていません。
何とかしなくてはいけません。

まだ“かなり”は切羽詰っていないのかな?
その答えは5時間後といことで(笑)
[PR]
by p-ce_music | 2004-08-28 15:35 | Nealy C
アロハの掟
セミがジジジと鳴いております。
マンションの5階だとセミの鳴き声って下から聞こえてきて不思議・・・
一体夏になってから何日たっているというのでしょうか?
そんなことに今朝まで気が付かないくらい、此の頃は気分的に余裕が無かったのかなぁ?

昨夜は2ヶ月ぶりの小森市夫でした。
去年はうっかりしてしていた「アロハの掟」も今年は忘れることなく、大橋君も加えたトリオで1stは息のあった涼しげ、否かなり寂しげな演奏だったと思います。
というのもアツーイ真夏の夜の演奏にも関らず、お客さんの入りがお寒い限り(T▼T)

セットの前に、あまりの客入りの悪さに、コム爺が突然「ロック演ったら人くるかなぁ?」と弱気なことを言い出しまして、コレはイカンと「初めはテーマ無しのFブルース」という事と「そんな寂しい気持ちを演奏しよう」という事を急遽決定。

テーマが無いと先ずは人のイメージを探るからね、当り前にしなくてはいけない事なんだけど、何せ人柄が音楽性の小森市夫ではその辺りがちょっとおざなりな時があって、正解でした。
そして、そんな気持ちを揃えた1stは良い演奏だったと思うよコム爺。
2ndはお客さんも入っていたのと、ドラマーで有るということが判明した大橋夫人も加わったカルテットで色鮮やかなゴキゲンな演奏に様変わり。全く現金なものです。(笑)

大体がお互いにもう年なんだから、ロックなら先ずは満タンになったビール腹を何とかしなきゃあねコム爺。
[PR]
by p-ce_music | 2004-07-25 09:35 | オンガク
ナマじゃなくても・・・
a0003202_10126.jpgなんちゃってぶりを如何なく露見させて、自分のサイトで楽器を語ったことは殆んどありません。
理由は楽器に詳しくないから俺。

僕のなんちゃってジャズマンの魂と言えば愛器のサイレントベースでしょう。
見た目ウッドでホントはエレキなこのベース。
ウッドベースのナマ音が良いという人も多くいますが、バラードでは、エレキの力を如何なく発揮して限りないロングトーンを奏でてくれるのです。

2ndで良く使用するのはプレシジョンベース。
、普通ジャズマンであればジャズベースを使います。
ジャズベを使わない理由は、チビッコな僕にはボディの大きなジャズベは似合わないからです。
このプレベは今から20年前に初めて購入したモノで、途中何人かの手を経て僕の所に戻ってきて以来、10年近く弦張り替えていません。
確かに弦の音はアッタクがなくてプレベ本来のイイ音からはかなり違う音ですが、SPYのCDでも殆んどコレで録音したくらい僕の欲しい音をプレベ君は奏でてくれるのです。

かつてギタリストは「欲しい音が出るのが良い楽器なんじゃ」と僕に教えてくれました。
そして数々のエフェクターを操り、僕の音楽に彩りを添えてくれたものです。
ギタリストKINOshitaの今度のライブはドラムレス。
ギター、べース、ヴァイオリンという、どう考えてもアコースティックな編成にも関らず、本人曰く「2Bとは、違うエフェクティブな音楽になりそうです!!飛び道具満載の楽しいライブに成りそう」だそうです。
KINOshitaの今欲しい音はどんなのかな?

ギター 木下 徹
ベース 鳥越 啓介
ヴァイオリン 多々谷 樹

とき:7月8日 8時頃から出演
ところ:荻窪 VELVET SUN
[PR]
by p-ce_music | 2004-07-07 09:21 | オンガク